【恋愛 元カノ 復縁】冷却期間後の元カノにLINEを送る前にやるべき恋愛テクニック

シュンです、

今回は、冷却期間を過ぎた後に
彼氏持ちの元カノと付き合う方法について
解説していこうと思います。

もし、冷却期間中にやるべきことを
見ていない方は

過去の記事を見てください。

今はコロナで外に出れないと思いますが
収束したらすぐにでも出来るように
準備的な意味も込めて
今回の記事を見てください。

冷却期間中、元カノに何も出来ない
これ辛いですよね。

私も、この冷却期間中に元カノが
彼氏を作って幸せそうにしていて

死にそうでした。

この期間、
異常に髪の毛が抜け落ちていたのを
今でも覚えています。

それぐらいストレスでした。

きついですよね。

そんな困難な時期を乗り越えたら

「やっと元カノに手を出せる!」

と嬉しくなるかと思います。

ただ、
この記事にたどり着いたあなただからこそ
理解して欲しいことがあります。

それは、

『焦って元カノに過剰なアタックしない』

これが物凄く重要になってきます。

「いやいや、早くヨリを戻したい!」

その気持ちめっちゃ分かります。

ただここで焦ると
余計、時間が掛かってしまい
元カノが結婚してしまうという
バットエンドに向かう可能性大なので

そうなる前に
今すぐ見てください。

ただ、現在の彼氏は恋愛を
勉強していないので必ずボロが出ます。

それを元カノが愚痴るので
そこに恋愛スキルを使っていけば
確実に惚れ直してくれます。

なので、余裕を持って恋愛スキルを
練習してください。

焦っている男は
どんな女性からもモテないです。


【元カノを寝取るテクニック】

元カノを奪い返す時に
気をつけないといけないのが

『好感レベル』になります。

(私の記事を読んでくださっている方
ならもう知っているかもしれませんが

もし分からないという方は下のURLから
無料メルマガを手に入れてください)

この好感レベルを把握しながら
元カノに対応していかないと

「なんかこの人不自然だな」

と警戒されてどんどん離れていきます。

特に1回付き合って別れているので
初めの方はかなり警戒されています。

なので冷却期間を終えたら

『好感レベル2:興味なし』

の対応をしていく必要があります。


ここでの女性は基本

社交辞令的な対応しかしてきません。

例えば

相手からプライベートな事は話してこない
相手から質問などはしてこない
あなたが会話を続けないと終わる
LINEでは仕事やイベント以外の返答は無い

など、プライベートな事についての
会話やLINEなどは一切無いです。

なのでここでは
本当に必要な事以外は
会話もLINEもしないのがベストです。

やったとしても
仕事で頼まれたこと、複数人での飲み会の誘い
これらを伝えてスパッと切り上げてください。

このような対応をしていると
自然とレベルが上がります。


『好感レベル3:普通』

基本的には好感レベル2とやることは
変わりないですが

元カノの警戒心は下がっています。

ただ、毎週のようにLINEで
やり取りするのはナシです。

このレベルから上は絶対に
『会話』スキルが必要になります。

いかに不自然ではない会話が出来るか?

これを意識して会話してください。

話していく話題としては

・仕事の話
・相手の趣味、興味のある話
・共通の知人の話
・相手のイメージ話

このような話題をしていってください。

この話題の所で覚えていてほしい事は

『女性が反応する話題は決まっている』

という事です。

そして、レベル3から4に上げるには、、、

今回は長くなったので
続きはまた別の記事で話します。

それではまた次回をお楽しみに

byシュン


追伸

今すぐあなたの恋愛の悩みを
すっきりと解消したい場合は

是非、マガジンから
恋愛個別相談(50分間Skypeコンサル)
を受けてみてください。

確実にあなたの悩みを解決してみせます。

また、好きな女性を惚れさせるための
悪用厳禁恋愛テクニックを知りたい場合は
無料メルマガに登録してください。

【無料メルマガ登録フォーム】
https://vision7.jp/p/r/QFn509X1


※この文章の著作権は
全てAwakeManにあります。

著作権者の許可なく、
この文章の全部又は
一部をいかなる手段においても
複製、転載、流用、転売等すること

(コンテンツを
無断流用した改変の場合も含む)

の一切を禁じます。

また、集客・SEO対策目的での
レビュー記事・動画投稿、内容を
暴露することによるビジネス行為などの
全てを禁じます。
上記違反した場合は
厳重な法的処置を取らせていただきます。
当コンテンツはあくまでも個人の使用に
とどめてくようご注意ください