【復縁 LINE 告白失敗】好きな子に嫌われるやり取り

シュンです、

今回は
『好きな子との連絡の仕方』
について話していきます。

出会う前に女性からの
評価が下がっているケース
非常に多いです。

「この人と会いたくない」
「わざわざLINEしたくない」
「LINEでがっつき過ぎ」

本当にこのように言われて
女性に気持ち悪がられます。

でも、これひどいですよね。

こっちはせっかく
「どう送れば喜ぶかな」
「どんな感じでLINEすればモテるのかな」
と真剣に考えているのに、

考えれば考えるほど
女性から気持ち悪がられる。

そして、適当にしてる
雑に女性を扱っている男の方が
LINEでもリアルで会っている時でも
どんどん評価が上がっている。

こんな理不尽、たまりませんよね。
これ実は、私も全く同じ経験をしました。

バイト先の女性と仲良くなって
LINE交換したけれども、
部署が違くてなかなか会うことが
出来ずに「この間に他の男と…」と
不安になってしまい
LINEで頻繁に連絡していました。

ただ、送れば送るほど
返信が遅くなる一方で
最後の方なんてほぼ未読で
送った3日後に既読無視。

最悪でした。

そして、バイト先の同僚から

「〇〇ちゃんお前のこと
「あの人重くて無理」って言ってたぞ」

これを聞いたときは
頭の中真っ白でした。

送る内容も1時間以上考えて
文章を送ったり、
相手が寂しい思いをしないように
頻繁にLINEしたのに

結末はこのザマ。
会っても冷められて、避けられて。

地獄みたいな状況でした。

ただ、LINEやメッセージで
失敗している人は
無意識の内にやらかしている事が
実は存在しています。

特に今、外に出づらい状況で
LINEやもしくはマッチングアプリでの
メッセージのやり取り。

このように使う機会は
どんどん増えて来ていますよね。

女性とのやり取りで
失敗しないための全体像は、

○必要のないことは送らない
○文章で告白をするな

まずはこの2つを知っておく必要があります。

でないと
LINEやマッチングアプリで
女性とのやり取りだけで

「この人とは会いたくない…」
「なんか女々しいなこの人」
「メッセージが重い」

こう思われてしまい
会う前にあなたの好感度は
ダダ下がりで結局会えない、

もしくは会えても1回きりのデートで
終了してしまうという
最悪な結末を迎える羽目になります。

まずは、誰もが簡単に使える
LINEもしくは
マッチングアプリ内でのメッセージの
正しい使い方を知って

好きな女性に嫌われない
メッセージの理論を取り入れて下さい。

【女性に振られてしまうメッセージ】

LINEやマッチングアプリの
メッセージでのやり取りですが
『無意識』の内に失敗しており

いつの間にかモテない男に
なっているケースが非常に高いです。

というよりかは、
「ついつい不安になってLINEする…」
「メッセージのやり取りで挽回しよう!」
という考えを持っている方が多く、

以前の私も同じようにLINEで
どうにかしようとしていましたが、
このようになってはダメです。

ますます、非モテループを
乗り越える事が困難になってしまいます。

LINEやマッチングアプリのメッセージ
というような文字でやり取りするのは
リアルで会っている時よりも
失敗しやすいです。

もっと言うならば
恋愛はリアルで会っている時でしか
女性の好感度は上がりません。

上がることは無いですが
下がることは十分にあります。
怖くないですか?

「不安だからLINE送ろう」

こう思って女性に頻繁に送るたびに
あなたの評価が下がってしまう。

そして、リアルで会って
微妙に避けられて
それに焦りLINEで告白して撃沈。

これは世間一般ではよく有る事です。

LINEでもというよりかは
恋愛では焦ったら負けです。

まずは『焦らない』
というマインドを意識して下さい。

ただ急に言われても
「そんな精神論言われても…」
となると思います。

ですので、
まずは女性とのメッセージでの
正しいやり取りを知って下さい。

先程も話しましたが

1つ目は『必要のないことは送らない』

2つ目は『文章で告白をしない』

もしこの2つをしている
またはやろうとしているのなら
ヤバいです、今すぐに禁止して下さい

まず、女性に避けられてしまいます。

1つずつ話していきますが
まずは『必要のない事は送らない』

世間一般の男性が無意識の内に
やってしまいがちなミステイクで

顔文字や絵文字、「〜」

これは使っている方は
非常に多いです。

この絵文字や顔文字を
使う理由は分かります。

「文字だけだとなんだか味気ない」
「リアルでの会話のように楽しませたい」
「女性に合わせて好感度を上げたい」

と思うかもしれません。

最初の方は女性も
絵文字や顔文字を使って
返信してくれますが、

次第に文章量が減少し、
絵文字も顔文字も使わなくなり

女性からは
「この人なんか女々しいな…」
こう思われてしまい
気持ち悪がられてしまいます。

ただし、文章だけだと
堅苦しくなってしまいます。

そのため使うにしても
「ー」か「笑」を使って
フランクさを出す必要があります。

※ただし、これは女性との
関係性で大きく変化していきます。
仲が良いなら使うべきですが、

もし、告白して嫌われている
まだ気まずい雰囲気の場合は
そもそもメッセージを送ってはダメです。

そして、2つ目
『文章で告白をしない』

これは特に
好きな女性に1回振られた時や
他の男に取られそうになった時など
焦っている場面でしがちです。

そもそもですが、
『告白』して付き合おうとしている
時点で振られてしまいます。

これは「好きバレ」と
良く呼ばれていますが

恋愛業界では『好意バレ』
と言われています。

この好意バレですが
簡単に言うならば
例えば、漫画のネタバレと
全く同じです。

漫画って「この先どうなるんだろう」
という気持ちになるからこそ
続きを知りたくなるのに、

友人から
「その漫画の結末は….」
なんて言われたら読む気が
消滅してしまいますよね。

これは好意バレと全く同じで

女性は
「この先どうなるのかな?」
「この人はどう思っているんだろう?」
となるからこそ気持ちが動くのであって

「好き」というネタバレを
女性にしてしまうと
「なんだ、私のこと好きなんだ…」
という風に興味を無くしてしまいます。

これはメッセージでも、
リアルでの会話でも同じで

特に『告白』は100%の好意バレです。

こんなネタバレ状態では
一生付き合うことは不可能です。

まずはこの2つのポイントを
意識しておくことです。

例えば、
絵文字や顔文字を多様していたのなら
今すぐにやめること。

そして、LINEやマッチングアプリでも
リアルでもすぐに告白をしようとしない。

この2つを絶対に覚えておいて下さい。

「でも、LINEで使える
恋愛テクニックを知りたい」

「マッチングアプリで惚れさせる
スキルを教えて欲しい」

という声が聞こえてきそうですが
例えば、召使いに「イジれ」と言っており
これをLINEやマッチングアプリ等の
文章でやったりすると

「なんでそんな事言うの!」
「あなたに言われる筋合いはない」

と言われて嫌われます。

*『召使い』は女性のタイプです。
これは恋愛では基盤となる部分で
大きく分けて2つのタイプがあります。

この女性のタイプごとで対応が変わるので
知らないと何をやっても上手くいきません。
ですのでまだ知らない方は今すぐに
『女性のタイプ別攻略法』を獲得して下さい。

このように、
文章で恋愛テクニックを
使おうとすると

相手に違う意味で伝わってしまう
可能性が大いにあるので
絶対にやらないで下さい。

そしてここから先が
重要になってくる所なのですが、

相手の返信にはどのくらいの速度で、
どのくらいの文章量で送るべきなのか?

どんな話題をしていくべきなのか?

マッチングアプリではどんなやり取りが
必要になってくるのか?

振られた女性と冷却期間中は
忘れられない為にもLINEは送るべきなのか?

などかなり重要項目なので
しっかりと話していきますが、

この先は『恋愛百科事典』や
個別コンサルに来た方に申し訳ないので
ここまでにさせて頂きます。

続きを知りたい方や、
出会いを増やしたい方、
好きな子を落とすために勉強したい方は
下のURLの『無料メルマガ』に
ご登録ください。

今だけ限定で
好きな女性を確実に惚れさせる
『女性のタイプ別攻略法』をプレゼント!

【プレゼントを今すぐ受け取る】
https://awakeman-s.com/magazinelp/

それでは次回もお楽しみに!

byシュン

追伸

今すぐあなたの恋愛の悩みを
すっきりと解消したい場合は

是非、マガジンから
恋愛個別相談(50分間Zoomコンサル)
を受けてみてください。

確実にあなたの悩みを解決してみせます。

【恋愛個別相談】
https://awakeman-s.com/skypeletter/

※この文章の著作権は
全てAwakeManにあります。

著作権者の許可なく、
この文章の全部又は
一部をいかなる手段においても
複製、転載、流用、転売等すること

(コンテンツを
無断流用した改変の場合も含む)

の一切を禁じます。

また、集客・SEO対策目的での
レビュー記事・動画投稿、内容を
暴露することによるビジネス行為などの
全てを禁じます。
上記違反した場合は
厳重な法的処置を取らせていただきます。
当コンテンツはあくまでも個人の使用に
とどめてくようご注意ください