【告白 失敗 リトライ】「私たち友達だよね」の裏に隠された衝撃の真実

シュンです。

好きな女性に「私たち友達たよね」と言われたら
正直、ショックを受けませんか?

そうだね、としか返事できずに

「男として見てもらえていないのか…」

と思って私の場合は落ち込んでいました。

こっちは異性と意識してもらえるように

・服に気を使ってオシャレを意識する

・好きな女性の趣味を聞き出して調べる

・「彼女に出来る会話」などを調べて実際にやってみる

などをして、どうにか異性として認識してもらえるように
頑張っているのに、「友達」と言われるのは非常に嫌でした。

そしてその「友達」という言葉が邪魔してきて

デートに誘えない
告白できない

など、それ以上踏み込めないでいて葛藤していました。
それでも、まだ諦めきれずに友達としてその子の愚痴を聞き続けました。

ある時、好きな人が出来てどうしようと言われた時は
「え、やばい取られる!」という焦りと、まるで裏切られたような気分になりました。

急いで、告白しようとしようとしましたが
もう、時すでに遅く好きな男性から告白されており

OKを出して付き合っていました。
それを聞いた時は僅かにあった付き合う希望が消滅しました。

何も出来ないのは本当に堪えますし
また同じ失敗をしたらという恐怖心で精神的におかしくなって

体重がかなり落ちて知人全員から「痩せすぎだよ、大丈夫?」
と言われるぐらい体に異常がありました。

気持ちもモヤモヤしていて、もう付き合えない女性に執着する
のはものすごく辛いですし、次の恋愛まで影響するので

こうなる前に、この記事を見て負け組にならないでください。


この「友達」と言われた時に正しく対処していかないと
私のように、一生友達のまま失敗してしまいます。

それだけではなく、これから出会う全ての女性に

「いい人だけど、異性としてはナシかな」

といつまでも異性として見られない
失敗した人生を送ることになる可能性だってあります。

なら、「友達」と言われた時にどう対処すればいいのか?


・素直に「好き」と言って告白する

・友達として受け入れて、その後にアタックをしていく

など私は思っていましたが
これだと確実に失敗します。

初めの告白は言った時点でもうアウトです。

好意がバレて、ゴミみたいな対応されて距離を取られて
裏では悪口言われる。

そんな最悪な状況になってしまいます。

友達として受け入れて後から攻めるのは
もし、その子に彼氏がいた場合はやらないといけませんが

いない場合にしてしまうと
「異性としてナシ」という評価を受けてしまします。

(彼氏持ちの女性の落とし方は過去の記事でも話しましたが
もし、まだ知らないもしくは、今その状況で困っている場合は下のURLから無料メルマガに登録してください。

ここでは、その攻略法についてここでは詳しく話せませんが
メルマガにて、重要なスキルややらないと絶対に付き合えない事について話をしていきます。)

ならもう何も手段が無いじゃん!
と思うかもしれませんがこの問題を乗り越える
正しい切り返しの方法があります。

それは「曖昧な好意」をすることです。

いきなり言われてもピンと来ないと思います。
私も初めて聞いた時は「曖昧な好意」って何すればいいんだ?
と思っていました。

この「曖昧な好意」は女性に

「この人、私のことどう思っているんだろう?」

と混乱させて、深層心理で気がつかない内に
少しずつ追わせるようにすることが出来ます。

女性の方から追ってきたらほぼ勝ちなので

この「曖昧な好意」を取り込んでください。


【正しい曖昧な好意の解説】

曖昧な好意は様々な場面で必要になってきますが
今回は、「友達」と言われた時の対処法について解説します。

友達だねと言われた時の対処法の例は

「うわ、俺は異性として見てたのにショックだわ笑」

「せっかく狙っていたのに、そんなこと言うんだ笑」

など、冗談っぽく言う事がものすごく重要になります。

冗談っぽく言えないとただの好意バレになってしまうので
注意してください。

とは言っても最初はかなり緊張します。
私も「なんかチャラくて嫌だ」と勝手に思ってました笑

まぁ、やらなくてもなんとかなるでしょ
と思っていましたが実際やってみると

噛み噛みでした。
さらに、たじたじになって練習どころではありませんでした。

元々、噛みやすい性格なのでなおさら失敗しました。

このように、実際にやってみると失敗する箇所が多く

・緊張している

・言葉が詰まる、どもる

・冗談っぽく聴こえない

などの失敗が次々と出てきて改善点がかなりありました。

なので、まずは1人の時間に上の言葉を声に出して言ってみる
そして、噛まずに言えるようになったら本命以外の女性で練習していく事をオススメします。

やはり、どれもいきなりは無理なので
出会いを増やして緊張を減らしていくことから初めてください。

これが出来れば
友達からワンランク上の「異性」として見てもらえます。

ここまできたら、遅くても3ヶ月以内には付き合えます。

今回はこの辺りで終わりますが

「私たち友達だよね」というワンシーンではありますが
この返しがしっかり出来ないといつまでたっても失敗して
そのうち、恋愛でいつまでも孤独な負け犬になります。

この「友達」は、どうでも良いように見えて実は
かなり重要なポイントでもあるところです。

「私たち友達だよね」=女性からの詐欺問題

ぐらいに認識しておくと失敗する確率がかなり減ります。

ここでうまく対応して、友達と異性の一線を超えてください。

そして、今恋愛で困っているあなたには
女性が仕掛けてくるトラップに騙されない男性になって欲しいです。

byシュン


追記

今回は1つの場面での「曖昧な好意」を使った
切り返しについて解説しましたが、他の場面

例えば

「デートに断られた時の切り返し」

「日常会話での曖昧な好意」

「好感レベル毎に必要な曖昧な好意」

など様々なプロセスで必要になってきます。

他にも、出会いの増やし方や好感レベルなど
知らないといけない事が多いですが

今回は「曖昧な好意」をしっかりとインストールしてほしいので

続きを知りたいと言う方は無料メルマガにて解説していきます。

さらに今なら、女性を落とす上で欠かせない『新・女性のタイプ別攻略法』も無料で手に入ります。

下記URLから公式メルマガ(無料)に登録して今すぐ手に入れてください。
https://vision7.jp/p/r/QFn509X1